高校生でも乳首が黒いのを治す方法はあるの?

ホエーパックって、知ってますか?ホエーパック、乳首の黒さをどうにかしたい!という方におすすめなんです。
ヨーグルトに溜まった水分のことをホエーといいます。このホエー、ただの水ではないんです。実は栄養においてとても優れているんですよ。
そしてホエーには美白効果やピーリング効果があります。

乳首の黒ずみが気になる方は、このホエーを今から説明するやり方で使ってみて下さい。
まずはヨーグルトの、水がたまっているホエーの部分をコットンで吸い取って下さい。そしてそのコットンを乳首の上にのせ、さらにその上からラップをかぶせて下さい。
5分から10分ほど経つまで待ち、その後にはずして乳首を軽く洗ってくだい。

高校生など若い方でもこの方法なら自宅でできるかと思いますので、乳首が黒ずみが気になっているという方は是非やってみてください。
また効果を実感するためには継続しておこないましょう。

また日常生活において乳首の擦れを避けるということも、乳首の黒ずみ対策には良いです。
ブラジャー選びを間違えてしまうと乳首を擦ってしまい、それが乳首の黒ずみを招くことになります。
下着は自分にあったものをしっかり選んでください。

また、自宅ではブラジャーをつけないのも乳首の擦れを避けるひとつの方法です。

食生活にも気をつけて下さい。
生理の時には女性ホルモンの関係で、乳首の色に関して、黒ずみなどの色の変化が見られることがあるかもしれません。

こうした黒ずみは一時的なものであるため、深刻に考える必要はありませんが、黒ずみがずっと消えないという場合にはホルモンバランスが崩れている可能性があります。
豆乳、納豆、豆乳などの大豆製品を日頃の生活でバランス良く食べることでホルモンバランスを整えることができます。

黒ずみ対策にはビタミンCやビタミンEも良いです。黒ずみの原因であるメラニン色素の沈着を抑えてくれます。
これらはサプリメントでもいいですが、イチゴやキウイ、柿などの果物や、ほうれん草やブロッコリー、さつまいも、アスパラ、焼き海苔、パプリカなどから摂ることができます。これらがメラニン色素の沈着を抑えてくれるでしょう。

ダイエットの際、栄養バランスが偏った食生活を続けることでもメラニン色素が沈着しやすいです。栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。